top of page
202402.jpg

佐藤 浩行 Hiroyuki Sato

フリーコンサルタント(森林・林業)

Eメール

事業所住所

〒637-1103

奈良県吉野郡十津川村大字上野地 266-4

​※谷瀬の吊り橋 近く

出身

宮城県仙台市(1971年生まれ)

​ブログ(note)

  • Facebook のアイコン
  • Twitter のアイコン
  • Instagram のアイコン

森林・林業教育を支援します

企業林の管理経営の経験から、豊かな森林を後の世代に引き継ぐためには現場教育が重要であるということに行き着きました。全国に林業系の大学校や専修学校が次々と開校していることは、その考えが間違っていなかったことを確信させるのに十分でした。

しかし、環境意識の高まる時代において、そのニーズに答えるための林業教育の体系化は、まだまだ発展途上です。私は十数年におよぶスイス林業のリサーチと試行錯誤から、彼らが行っている高等職業訓練(フォレスター教育)を日本向けにアレンジしたプログラムを提供しています。

森づくりの目標をどのように設定すればよいのか、目標に対してどの選木方法を選択すればよいのか、施業の際の現場のマネジメントの注意点や工夫といった戦略づくりから詳細な技術まで、総合的なスキルアップが可能です。組織や地域の状況に応じた柔軟な支援をモットーとしております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

こんなことができます:

森づくりと人材育成の戦略づくり(地方自治体、企業林など)/林業現場の職業訓練(特に選木と労働安全のマネジメント)/森林・林業に関わる研修会等のコーディネート/市民向けの森林・林業講座​/地域が行う森林環境教育の支援/諮問機関・委員会等の事務局支援/海外林業視察コーディネート(スイス)

主な所属等:

特定非営利活動法人 近自然森づくり協会 理事/奈良県フォレスターアカデミー 講師/とつもり(LEAFローカルインストラクター支援組織)事務局

経歴・業務実績

1994年

岩手大学農学部林学科卒(森林防災工学専攻)

1994年〜1999年

財団法人林業土木コンサルタンツに入社、長野支所にて治山技師として国有林および民有林の土砂災害復旧計画・設計に従事。※主な担当事業/奥裾花復旧治山事業/濁川(御嶽山)復旧治山事業

1999年〜2005年

財団法人林業土木コンサルタンツ北海道支所にて環境緑化事業、環境調査事業に従事。※主な担当事業/夕張シューパロダム湖岸緑化調査検討業務/沙流川​流木調査業務

2005年〜

株式会社総合農林に入社(当時スタッフサービスグループ〜OGIグループ)、社有林の管理経営に従事、最大で1万ヘクタールの山林を扱う。2011年4月に同社代表取締役に就任。

2006年〜

森林経営の新たなビジネスモデルを探すため、国内外の林業訪問。海外ではニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、スイス、ドイツ、スロバキア、タイ、ラオス、ベトナム、アメリカなどを訪問。

2010年〜

スイスの現役フォレスターであるロルフ・シュトリッカー氏と出会い、彼らの進める「近自然森づくり」の考え方に傾倒。以降はその応用を目指して社有林での試行錯誤を続ける。

2014年

特定非営利活動法人近自然森づくり協会を設立・同理事就任(兼任)。2010年から継続していたスイスフォレスターの招聘業務など、近自然森づくりの普及活動の実行主体として現在に至る。スイスフォレスター招聘事業は2019年まで10回(10年間)実施。

2016年

株式会社総合農林の株式譲渡に伴い、大栄環境グループ(神戸市)傘下に。資源循環・地域参加モデルづくりを通じて社有林の活用に取り組む。

2018年〜2023年

十津川村森林づくり審議会事務局として、村の林業政策推進の支援を行い、十津川村森林づくりガイドラインの編纂に従事。

2019年〜2023年

北海道池田町が主催する近自然森づくり研修を受託(2023年度まで毎年)。

2020年〜2023年

奈良県フォレスターアカデミーのカリキュラム検討委員会事務局として、林業の職業訓練実務を支援するほか、2021年4月の開校以降は外部講師としても活動(森づくり・労働安全)。

2020年〜

市民向けのオンライン講座「森に学ぶ〜Foresterchicksのための林業学校」を主催。3年間で60回のオンライン講義と4回の現地講習を実施。

2024年4月〜

株式会社総合農林代表取締役を辞任、6月に取締役を退任予定。以降はフリーのコンサルタントおよび近自然森づくり協会理事として、森林・林業の職業訓練支援を中心に活動。

2024年5月〜

LEAFローカルインストラクター支援組織である「とつもり(奈良県十津川村)」の事務局として活動開始。地域が行う子どもたちの森林環境教育の支援を行う。

上記以外にも、地方自治体、大規模山林所有企業などからのコンサルタント受託、講演会講師・ファシリテーター等の実績多数。

bottom of page